読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろな「はてな」に触れるブログ

基本的には自分用メモの公開版です。オピニオンも書いていくかも。

あなたのノマドライフをより良くするためのひとつの方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:ma_co_chi:20121120084731j:plain

ノマドライフを楽しんでいるノマドブロガーにオススメなのは、ファミレスのモーニングセットだ。

 

なぜ朝?というのは、開店時間に入店し電源が使える席を確実にゲットするためである。当然だが、店員に一言断って電源使用許可の言質をとっておくと良い。

 

オススメのポイントは、なんと言ってもお財布の面でお得な点にある。

 

たとえば「ガスト」では、「トースト&ゆで卵セット」は税込299円でドリンクバーとスープバーが付いていて、ドリンクバー単品価格(税込397円)よりも安いモーニングでドリンクとスープを飲み放題にしておけば、その後店にいる限りがずっと飲み続けられるのである。

 

店舗によっては朝刊が席に置いてあり持ち帰りもできるので、そのことを考慮してもモーニングタイムに行くメリットがある。

 

ちきりん( @InsideCHIKIRIN )さんがすかいらーくグループの製造現場を可視化してくれたため、ファミレスの“裏側”が心配な人も通いやすくなったのではないだろうか。

 

  すかいらーく”のセントラルキッチンを訪問! - Chikirinの日記 

    http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20121119

 

朝食とドリンクで目覚めた後は、朝刊からネタを探してオピニオンを交えて記事を書く。新聞は時事ネタの宝庫だし、引き合いに出せるオピニオンも社説にあるから自分のオピニオンとの対比で複眼的な視点を読者に提供することもできる。

 

また、新聞には広告がたくさん掲載されている。ここにも記事を書くネタが満載だ。「ブロガー」と呼べるレベルの人なら5~6本は書けるだろう。独自視点が弱いと当日の新聞ネタと切り口が丸かぶりになる可能性もあるが、パクり記事認定されて多少の読者離れが起きる懸念を除けば問題ない。

 

ランチタイムまで滞在すれば、朝食時に頼んであるためドリンクバーをそのままランチタイムまで持ち越しドリンクバー代無しの価格で食べられるし、ディナータイムも同様だ。

 

小腹が空いたら間食メニューもある。深夜割増に切り替わる22時より前に夕食を済ませれば、1日を通じて2,000円程度、抑えようと思えば1,000円程度しかかからない

 

また、ポイントが貯まる店なら通うメリットもあるし、モバイルクーポンがある店ならなお良い。

 

ちなみに経験上、店から迷惑だとして退店を迫られることはまずないが、あまりに態度が傲慢だったりするとモメることになるかもしれないので自己責任で。

 

【オススメのノマド本】