読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろな「はてな」に触れるブログ

基本的には自分用メモの公開版です。オピニオンも書いていくかも。

戦国IXAにおける「武将スキル」「部隊スキル」のまとめ

戦国IXA ゲーム 歴史 娯楽

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

戦国IXAの醍醐味のひとつに「スキル」がある。スキルには武将単独で発動する「武将スキル」と、複数の武将の組み合わせにより発動する「部隊スキル」がある。今回はこれらのスキルについての基礎やテクニックをまとめてみた。

 

 

武将スキルについての概要・注意点

 対象兵科にのみ効果がある

 ・同一部隊内で対象となる武将全員に効果がある

 ・武将スキルは複数同時に発動しうる(報告書には1つだけ載る)

 ・報告書に載るスキルの優先順位はレア度が低い順

 ・上昇率は発動したスキルでの加算方式

 ・スキルの発動確率+兵法による加算値(下記)

 ・兵法加算値=部隊内最大兵法値/100+その他部将兵法値/200

 

 

どんなスキルを追加すると効果的か

f:id:ma_co_chi:20121024212115j:plain

プレイヤーの意向によって見解が分かれる分野なので、参考程度にパターン分けをしてみよう。概ね4つに分類される。

 

 ・攻防両用・・・上画像の武田信繁

 ・防御(攻撃)特化・・・上画像の雑賀孫市

 ・剣豪 スキル特化・・・上画像の細川幽斎

 ・加速特化・・・上画像の江

 

武田信繁はもともと「全防」のスキルを持っているカードだが、加勢や合流で有利になるよう「迅速行軍」を付与し、さらに全攻スキルである「車懸り」を追加合成している。兵法振りにすることで攻撃防御を問わずあらゆる場面で使えるオールマイティなカードに仕上がっている。より使い勝手の良いカードを目指すとしたら「義兵進軍」と「電光石火」の組み合わせでも良いだろう。

 

雑賀孫市はもともと鉄砲足軽を想定した兵科適性とスキルを持っているカードだ。その兵科適性を最大限活かすために、鉄砲足軽にかかる防御スキル「釣瓶撃ち」と「鉄砲隊円陣」を付けることで、鉄砲防御のスペシャリストに仕上がっている。

 

細川幽斎は武将攻撃力(将攻)の上昇値が高い剣豪カードだ。剣豪としての特性を伸ばすため、「攻乃型」と「新陰流」の将攻スキルを追加している。兵1で出陣してもスキルの発動により並々ならぬ爆発力を秘めた核弾頭となりうる。

 

にもともと付いているスキルは速度スキルだ。高速攻撃や加勢、陣張り、領地取り返しと活躍の場面はさまざまなところに存在するが、その速度適性をさらに高めるため「迅速行軍」と「電光石火」を追加合成している。

 

武将の育て方は、個人的な趣味や戦闘スタイルによりまったく理にかなわない育成方法を取る場合も多々ある。平手政秀に天スキルを付与したりする等、ネタに走って話のタネにすることもあるだろう。

 

スキル追加合成についての概要と注意点は下記のとおりだ。

 ・基本スロット1に強化したい武将カードをセットする

 ・基本スロット2に強化用素材カードをセットする

 ・基本スロット2にセットしたカードは必ず消滅する

 ・スキル削除には金100が必要

 ・合成テーブルの基礎についてはwikiを参照

 

 

スキルLv.10までの効率的な上げ方

 スキルLv 

 基本スロット2 

 追加スロット  成功率  
1→2 75.70%
2→3 53.77%
3→4 38.78%
4→5 17.89%
5→6 4.41%
5→6 上5枚 22.47%
6→7 上5枚 18.34%
7→8 上5枚 15.40%
8→9 上5枚 13.20%
9→10 上5枚 11.48%

 

Lv.5までは序カード1枚でもスキルのレベルアップは容易にできるが、問題はLv.5から上に上げていく段階になってからだ。極端に成功率が下がる。そのため、無課金者や微課金者はスキルレベルを5までで止めているプレイヤーも多くいる。

 

Lv.5以上まで上げるには上カードおよび追加スロットを活用するとLv.9→Lv.10に上げる場合でも10%以上の成功率でレベルアップに挑戦できる。金50を使えば+5%なのでより上げやすくなる。

 

また、金50で合成を行うことで常に+5%であることを活かし、序1枚と金を用いたレベルアップ方法もある。最もハードルの高いLv.9→Lv.10への序でのスキルレベルアップの成功率はわずか0.01%しかないが、金を使うことで5.01%となるため、単純計算で序20枚と金1,000を使えば成功することになる。

 

銅銭を多く使うか、金を多く使うかの違いなので、各自の台所事情と相談しながらスキルを強化していくと良い。

 

私の経験則では日によって成功しやすいパターンがある感覚があるため、追加を入れてかつ金使用するパターン、入れずに金使用するパターン、入れて銅銭使用するパターン等、ほぼ勘を頼りに使い分けて強化合成している。表示されている成功率と実際の成功率に特段差異を感じたことはない。

 

また、スキルレベルアップはより強力なスキルを優先して上げていく方がよい。

f:id:ma_co_chi:20121024194039j:plain

上記は槍兵科の最弱スキル「槍隊進撃」と最強スキル「姫鬼無双」の比較のためwikiから抜粋したものであるが、レベルを上げることによる発動率や上昇率の伸びがより大きい方を優先すべきなのは言うまでもない。

 

 

部隊スキルの概要・注意点

 ・特定の武将の組み合わせで発動する

 ・同名武将の場合は序<上<極<天の順で効果が上がる

 ・武将のランクが高いほど効果が上がる

 ・1部隊で発動する部隊スキルは1つのみ

 ・上昇値は乗算計算となる

 ・速度系部隊スキルは出陣確認画面では反映されない

 

注意すべき点は、部隊スキルは1部隊1つのみ発動するということだ。武将スキルの場合は報告書に載らない形であっても最大3つ同時に発動するが、部隊スキルは最大で1つしか発動しない。2武将で発動する部隊スキルを同一部隊に2組詰めても(御仏の慈悲&百万石の契り等)、そのうちの片方しか発動しないのである。

 

また、部隊スキルの計算式は武将単体でのスキル発動後の数値に対して、部隊スキルの上昇率が掛け算される形となる。

 

 武将のスキル発動後の総攻撃(防御)力 × 部隊スキル上昇値

 

最後に、速度系部隊スキルは出陣確認画面では反映されないため、「忍び衆」や「七本槍進撃」といった速度系部隊スキルが発動する部隊で合流に起点として参加する場合は注意が必要である。

 

ここまで読んでいただけたらポチってね(*゚▽゚*)→ 戦国IXA・攻略ブログ

 

【関連本】

 

 戦国IXAで唯一マンガのオリジナルキャラクターとして部隊にセットできる超優良剣豪・草薙かさねたんが表紙の「戦國ストレイズ」単行本。