読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろな「はてな」に触れるブログ

基本的には自分用メモの公開版です。オピニオンも書いていくかも。

「チャーハン王」の『極上』を確かめに新橋へ行ってきた

飲食 経済 起業 マーケティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、「チャーハン王」のエントリをしたが、ようやく食べに行く機会を作れた。

いや・・・合戦で忙しかったのだ。

 

参考エントリ:「チャーハン王」 ―専門店の戦略の妙

http://macochi.hatenablog.com/entry/2012/10/06/163700

 

いや~、これは毎日食べれる美味さだった。

メニューはこんな感じ。

f:id:ma_co_chi:20121011105901j:plain

極上チャーハンと旨み凝縮スープの「チャー王セット(880円)」を注文し待つこと5分。

f:id:ma_co_chi:20121011171002j:plain

f:id:ma_co_chi:20121011171246j:plain

量は大盛りにしないと物足りないかな?っていう量だった。

f:id:ma_co_chi:20121011171258j:plain

パラパラなのが当たり前」というだけあって、見事なパラけ具合。食感もよく、噛むたびにじわじわと旨みがにじみ出てくる。

そして店員さんに美味しい食べ方の案内をいただき、試してみることに。

f:id:ma_co_chi:20121011171448j:plain

f:id:ma_co_chi:20121011171455j:plain

f:id:ma_co_chi:20121011171533j:plain

f:id:ma_co_chi:20121011171647j:plain

特製のタレ(酢醤油)をかけるとのことで、そのとおり食べてみた。

 

「ウ・・・、ウマイ・・・!!!(´;q;`)

 

私は「推奨の食べ方」であまり好きだと思えるものに出会えた機会がないのだが、これは格別に美味しい。

 

f:id:ma_co_chi:20121011171929j:plain

そして単品700円に180円増しで付いてくるスープの味も堪能してみることに。

 

「なんか・・・ありがとう・・・!!!(´;q;`)

 

こってりしているのに後味はサッパリしていて、チャーハンとの相性は抜群だ。醤油と化学調味料でこしらえた申し訳程度のありがちなスープとは雲泥の差である。

 

チャーハン自体は確かに美味しいのだが、オーソドックスでキワモノという美味さではない。

 

良く言えば飽きのこない味であり、悪く言えば個性が無い。だが、酢醤油とスープによって他では味わうことのできない極上モノへと昇華する。影の主役は間違いなくこのスープだ。


 

単品で頼まなくてよかったと安堵した。

 

スープを飲まずしてこの店を語れない。チャーハンを「極上」たらしめているのは、3種の塩をブレンドし2日間じっくりコトコト手間をかけた鶏ガラスープである。この旨みとコクが凝縮されたスープを飲まないということは、この店に来る意味を半分以上失っているに等しい。

 

チャーハンの性質を知り尽くした上で、引き立てるものをさりげなく添える。

これが「チャーハンを極める」ということの本当の意味なのだ。

 

f:id:ma_co_chi:20121011172419j:plain

ランチタイムを外して行ったのだが、満席で待つ人も出ている。写真奥の「新橋 牛かつ おか田」が前のエントリで書いた行列ができる繁盛店だ。

 

ニュー新橋ビルの地下の独特の薄暗さの中で、「王様米」一粒一粒が活き輝いている。

 

f:id:ma_co_chi:20121011173510j:plain

食べ終わり新橋のビルに縁取られた空を見上げながら思った。

 

「私の中での新橋に行く価値が、また一段上がった」と。

 

 【関連本】